Apple Pencil 2を無くさない方法【結論:隙間を作れ!】

この記事では、Apple Pencil(第2世代)を2回紛失し絶望した僕がようやく見つけた「Apple Pencil 2を絶対に無くさない方法」を紹介します。

もう絶対に無くしたくないにゃ…

目次

Apple Pencil 2 を無くす理由

そもそもなぜApple Pencil 2をなくすのでしょうか?

iPadにくっつけてはいるが、衝撃で外れる

この場合は、外れないようにするカバーを買えば解決します。

僕は1回目の紛失後、上のようなiPadケースを購入しました。

しかし、結局2度目の紛失。

再度紛失した理由は次の通り。というか1度目の紛失した理由も下の理由なんですよね。

そもそもiPadにくっつける習慣がない

これは大問題です。

Apple Pencilで作業している途中で、何か別の作業に移る際に、iPadにはくっつけずに机の上(あるいはベッドの上)に放置して、いつの間にか存在が消えているわけです。

意志の力に頼ったところで、毎度必ずiPadにくっつける習慣がつくとは限りません。

Apple Pencil 2を無くさない方法

Apple Pencil 2をiPadにくっつける習慣がないなら、「くっつけておかないと気味が悪い」と思えるような環境を作ればいいわけです。

そこで僕の購入した商品がこちらのケース。

Apple Pencil 2を付けていない状態だと、まさしく「つけていない」感が強くなり、不完全感が発生します。

Apple Pencil 2専用の収納スペースが明確に見える化されることで、「Apple Pencilをつけていないと空白ができて気持ちが悪い」という嫌悪感や、「ここにApple Pencilをはめ込まないとならないのだ」という使命感が生じ、自然とくっつける習慣がつくようになります。

過去に買ったケースとこのケースを比較します。

僕は右側のケースを使って以降、Apple Pencil 2を使った後は毎回必ずこの隙間に収納するようになりました。

隙間を埋める快感に加え、マグネットでペタッとくっつく快感があるおかげで毎度お片付けできてます。

人間は隙間を埋めたがる生き物!

この特徴を生かして、無理せず片付けの出来る環境を作りましょう!

以上、僕的Apple Pencil 2を無くさない方法でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次